GO TO TRAVEL

Go To Travel キャンペーンとは

経済産業省が、新型コロナウイルス感染症の流行終息後に、
日本国内における人の流れと街のにぎわいを創り出し、地域を再活性化するための需要喚起事業。
旅行業者等経由で、期間中に旅行商品を購入された方に対し、
代金の半額相当分のクーポンなど(宿泊割引・クーポン、地域産品・飲食・施設の利用クーポン)が付与されます。
イメージとして、おひとり様1泊あたり最大20,000円
(その内、7割が旅行代金に反映し、3割は現地で利用可能なクーポンを予定)が補助されます。
ぜひこのご機会にお得に旅行を楽しみましょう!

どのくらい補助されるの?

補助額:旅行代金の半額で最大補助額以内

宿泊数 1泊 2泊 3泊
最大補助額 20,000 40,000 60,000
旅行割引額 14,000円 28,000円 42,000円
クーポン額 6,000円 12,000円 18,000円

こんなにお得になるんだ!

  • CASE 01

    旅行代金がおひとり様1泊

    40,000円の場合

    • 旅行代金の半額の20,000円に対し
    • 7割旅行割引額:14,000円
    • 3割クーポン額:6,000円
    • が補助されます!
    • 旅行代金の支払額
    • 26,000円
    • POINT
    • 6,000円のクーポン付きで

      実質20,000円

  • CASE 02

    旅行代金がおひとり様2泊

    60,000円の場合

    • 旅行代金の半額の30,000円に対し
    • 7割旅行割引額:21,000円
    • 3割クーポン額:9,000円
    • が補助されます!
    • 旅行代金の支払額
    • 39,000円
    • POINT
    • 9,000円のクーポン付きで

      実質30,000円

  • CASE 03

    旅行代金がおひとり様3泊

    80,000円の場合

    • 旅行代金の半額の40,000円に対し
    • 7割旅行割引額:28,000円
    • 3割クーポン額:12,000円
    • が補助されます!
    • 旅行代金の支払額
    • 52,000円
    • POINT
    • 12,000円のクーポン付きで

      実質40,000円

クーポンの使い方

  • STEP1

    希望ツアーを選択してください

  • STEP2

    ご予約画面に進み「旅行代金の確認」画面で
    クーポンコードをコピーし、貼り付けてください

  • STEP3

    「再計算する」を押すと、
    割引後の金額が表示されます

さぁ、思いっきり楽しい旅をしよう!

今すぐプランをチェック!

・当面の間、東京都内に宿泊する商品及び東京都内に居住する方は対象外となります。※ご宿泊当日チェックイン時に、証明書(運転免許証など)の確認をさせて頂く場合があります。

・キャンペーン条件を満たしていない場合、割引の対象外とし契約を解除させて頂く場合があります。

・本事業の予算が上限に達し次第販売終了となります。予めご了承ください。

・新型コロナウイルス感染症の状況により、本事業の内容が変更となる場合がございます。

・お取消しの際は、割引額前の旅行代金を基準として所定の取消料を申し受けます。

Go To トラベル事業をご利用いただく皆様へひとり一人の協力が、みんなの楽しい旅を守ります

Go To トラベル事業は、ウィズコロナの時代における「新しい生活様式」に基づく旅のあり方を普及、定着させるものです。
次の内容を必ず守り、安全・安心なご旅行をお願いします。
お約束、ご協力いただけない場合には、Go To トラベル事業の利用を認めないこととし、
事務局より給付金の返還を請求することがあります。

01

  • 旅行時は毎朝、検温等の体温チェックを実施し、発熱がある場合や風邪症状がみられる場合には、
    保健所の指導に従っていただきます。また、スマートフォンを利用されている方は接触確認アプリ
    のご利用をお願いします。

02

  • 旅行中には、「新しい旅のエチケット」を実施してください。
    宿泊施設のみならず、旅先のあらゆる場面で3密が発生する場や施設等は回避し、大声を出すよう
    な行為もご遠慮ください。

03

  • 宿泊施設等では、チェックイン時の検温、旅行者の本人確認、浴場や飲食施設での3密対策の徹
    底、食事の際の3密の回避等が本事業の参加条件になっております。
    また、本人確認は、同行者も含め全ての参加者について実施しますので、免許証などの書類を持参
    してください(※詳しくはこちら)。
    お忘れの場合、後日送付いただくなど宿泊施設等の指示に従ってください。居住地の不正申告が発
    覚した場合には、詐欺罪などに問われる可能性もございます。

04

  • 検温の際、37.5度以上の発熱がある場合には、各施設が定める客室等に待機いただいて、保健所
    の指示を仰ぐこととなります。
    これら宿泊施設等の従業員の指示には必ず従ってください。

05

  • 若者の団体旅行、重症化しやすい高齢者の団体旅行、大人数の宴会を伴う旅行は一般にリスクが高
    いと考えられています。実施する場合には、着実な感染防止対策が講じられることを前提に、適切
    なご旅行をお願いします。